イベント

10月は、仙厓さんに触れる

「博多の仙厓さん」といわれた博多聖福寺のお坊さん、仙厓義梵(せんがいぎぼん)をご存じでしょうか。
 
武士にも庶民にも親しまれた禅僧で、ユーモア溢れる「禅画」を描き、とてもおもしろい逸話の多いことでも知られています。
 
善太郎商店では、普段より仙厓さんの描いた絵や花押(印鑑)をモチーフにした和菓子をご用意しております。
 
中でも一番人気は“仙厓さんもなか”。
仙厓さんもなか_餡
少し変わった形の最中は、仙厓さんの花押の型を象り、中には独自に練り上げた皮はぎ餡を詰めています。
 
仙厓さんもなか_歌
そして最中が包まれる袋には、仙厓さんが詠まれたいろいろな歌が挟んであり、これを読むのがとても楽しいのです。
 
 
 
 
10月7日は、仙厓さんの命日。
 
仙厓さんのいらした博多聖福寺では、今年も仙厓さんを偲び10月1日~7日までの7日間を、【仙厓さんと7日間】として宝蔵館内覧や写経、野点茶会といろいろなイベントが行われます。
このイベントでは、仙厓さんもなかをお茶をいただく際のお菓子として、ご利用いただくことになりました。
 

【仙厓さんと7日間】

場所:聖福寺(福岡市博多区御供所町6-1)
期間:2018年10月1日(月)~10月7日(日)
★詳しくはコチラ>
 
 
 
また、東京の出光美術館では10月28日まで「仙厓礼讃」が行われています。
 

【仙厓礼讃】

場所:出光美術館(東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9階)
期間:2018年9月15日(土)~10月28日(日)※月曜休館(ただし、9月17日、9月24日、10月8日は開館)

★詳しくはコチラ>
 
 
 
【仙厓礼讃】では、仙厓さんもなかや、仙厓さんの絵の入った鶴乃子の販売がございます。
出光美術館_仙厓礼讃様子
 
いずれの会場でも、仙厓さんのユーモア溢れる絵とお話を楽しむことができるはずです。
どうぞ皆さん、年に1度だけのこの機会に仙厓さんの禅画に触れてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
———–
善太郎商店
〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松4丁目2−1 六本松マルシェ1階メイン入り口すぐ
電話:092-406-4038
———–

関連記事

店舗のご案内STORE GUIDE

福岡市中央区六本松四の二の一 六本松マルシェ一階
電話 〇九二・四〇六・四〇三八

GoogleMapで詳しく見る