イベント

お月見とは何だろう?

————————————————
月雪花は一度に眺められぬ
————————————————
という、ことわざがあります。
 
月は秋、雪は冬、花は春が一番美しい時期ですので、それぞれ時期の違う、全てのものを一度に眺めることはできない。ということから良いことを一度に全部を体験することはできない、あり得ないとうたとえになります。
 
今年9月24日は、中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)。
一年で最も月の美しいとされる日でございます。十五夜と言われることもありますね。
 
昔の人はこの日に、お月見をしながら「お月見団子」を家族で食べていました。
まん丸いお団子は、月のよう。
 
欠けても満ちるを繰り替えす月を、昔の人は人間の生命の象徴と捉え、お団子を食べることで健康に生きていくことが得られると、考えていたのではと言われています。
 
善太郎商店では、普段から揃える団子の他に9月より【ツキノウサギ】の販売を開始しております。
 
善太郎商店_和菓子_ウサギ
1個 385円(税込)
山芋を使った生地で程よい甘さのこしあんを包み込んだしっとりとした食感の上質な蒸し饅頭。
とてもかわいい うさぎさんです。
 
 
最後に、善太郎商店が入る同じ六本松421の福岡市科学館では、只今のシーズン、最新のプラネタリウムシステムを駆使した⽣解説投映で「知ってる?月のヒミツ」というテーマで飽きの宙語りを行っているようです。
 
福岡市科学館 宙語り 秋「知ってる?月のヒミツ」←クリック
 
 
六本松で、月を学ぶ。おもしろそうですね。
善太郎商店でお待ちしております。

関連記事

店舗のご案内STORE GUIDE

福岡市中央区六本松四の二の一 六本松マルシェ一階
電話 〇九二・四〇六・四〇三八

GoogleMapで詳しく見る