スタッフブログ

9月9日は、「重陽の節句」

重陽の節句 菊
9月9日は、「重陽の節句」です。
 
陽(奇数)の中でも一番大きな数字である「9」。
「9」の重なる9月9日を、陽が重なるで「重陽」といいます。
 
 
桃の節や、端午の節句は聞き覚えある方も多いと思います。
しかし、重陽の節句とは何をするのかご存じない方も多いのではないでしょうか。
 
 
重陽の節句のこの日は、菊に長寿を祈る日とされています。
菊の花は、古代中国において邪気を祓い、長生きする効能があると信じられていました。
今週は、部屋に飾る花に菊の花を選んでみるのはいかがでしょうか。
 
 
 
また、江戸時代から重陽の節句に栗ごはんを食べる習わしがあったようで「栗の節句」とも呼ばれています。
 
栗ごはんもとても良いですが、
善太郎商店でも、本日より「栗」のお菓子がたくさんお店に並び出しました。
 
 
福岡 栗大福
■ひと粒栗の塩豆大福
 
貴重な国産栗を贅沢にまるごと、程よい柔らかさに炊き上げました。
人気の塩豆大福とほっこりした栗が織りなす、絶妙なバランスをお愉しみいただけます。
 
1個 365円(税込)
3個入 1,215円(税込)
 
 
 
福岡 和菓子「山の幸」
■山の幸(やまのさち)
 
つくね芋を使ったあんと国産栗のそぼろを渋皮栗に付け、栗の姿を表現しました。
 
1個 450円(税込)
 
 
 
秋も美味しいものがたくさんで嬉しい季節ですね。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

関連記事

店舗のご案内STORE GUIDE

福岡市中央区六本松四の二の一 六本松マルシェ一階
電話 〇九二・四〇六・四〇三八

GoogleMapで詳しく見る