博多祇園山笠名物 「祇園饅頭」

 
博多では、七月朔日に「祇園饅頭」を神棚にお供えした後
みんなで食べて悪事災難を祓う習慣があります。
祇園宮の御神紋を付した「祇園饅頭」は山笠には欠かせない縁起菓子として、
また、暑気払いの夏越饅頭として古くから親しまれてまいりました。
そもそも、日本での饅頭発祥の地は博多といわれ、聖一国師が一二四一年
その製法を中国から持ち帰り、伝授したものと伝えられています。
ほんのりお酒がいきた生地で甘さ控えめのこしあんを包んだ
ふくよかな縁起菓子「祇園饅頭」は山笠期間中の限定販売となっております。
 
販売期間:2018年7月1日(日)~7月15日(日)まで
 

 
「祇園饅頭」商品ページはこちら★
 
 
———–
善太郎商店
〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松4丁目2−1 六本松マルシェ1階メイン入り口すぐ
電話:092-406-4038
———–

最近のお知らせ

店舗のご案内STORE GUIDE

福岡市中央区六本松四の二の一 六本松マルシェ一階
電話 〇九二・四〇六・四〇三八

GoogleMapで詳しく見る