スタッフブログ

春の贅沢を

両の手に桃と桜や草の餅

春の彩りの全てが詰められたかのようなこの句は、松尾芭蕉のものです。
ここで詠まれる「草の餅」はよもぎ餅のこと。
右に桃を眺め、左に桜を眺め、その手には緑の香り豊かなよもぎ餅。
なんと贅沢な春のひとときでしょう!

このお彼岸の中日は急な寒さに見舞われてしまいました。
雨の中のお墓参りをされた方もおられるのではないでしょうか。
その影響でしょうか、六本松近辺ではまだ咲き誇るさくらの様子を見ることはできませんが、頭上のつぼみたちはその花を開こうとうずうずしているようにも感じられます。

生き生きとした花の開花の瞬間を、芭蕉と同じく、よもぎのお団子片手に過ごす。
この季節ならではの贅沢を、ぜひ。

だんご(よもぎ) 1本 150円(税込)はこちら
よもぎだんご

関連記事

店舗のご案内STORE GUIDE

福岡市中央区六本松四の二の一 六本松マルシェ一階
電話 〇九二・四〇六・四〇三八

GoogleMapで詳しく見る