スタッフブログ

お彼岸に、花を愛でつつ

今年の春のお彼岸は3月18日(日)~ 24日(土)です。
ようやく気候も安定し、このところは暖かい日が多くなりました。
お彼岸のころにはコート姿の人をみることはすっかりなくなってしまいそうですね。

さて、お彼岸の時期の「おはぎ」は行事食としてすっかり定着したものですが、それではこの時期のお花といえばなんでしょうか。
秋のお彼岸のころには「彼岸花」と呼ばれる「曼珠沙華」が咲きますが、春にはこの花は咲きません。
春の彼岸花としては通常の桜よりも少し早くに咲く、「彼岸桜」があげられます。
贈り物や仏壇に飾るお花は、白や黄色や薄いピンク、紫などの春らしい彩りのお花が好まれるようです。
つまりは、この時期に最も美しく咲くお花を、ということでしょう。

おはぎには「米と小豆をあわせる」ということから「ご先祖様と心を合わせる」という意味もあるそうです。
うららかな春のひと時、ご先祖様のお心とともに春の花を愛でつつ、おはぎを召し上がりませんか。

春のお彼岸に おはぎが始まりました おしらせはこちら

関連記事

店舗のご案内STORE GUIDE

福岡市中央区六本松四の二の一 六本松マルシェ一階
電話 〇九二・四〇六・四〇三八

GoogleMapで詳しく見る